わきが治療を行なって体臭の悩みを撲滅|爽やかな毎日

老化を解消する方法

バスローブの女性

目の下のたるみは、年齢を重ねたほとんどの方が悩む老化現象です。たるみというのは、一度生じるとなかなか容易に改善できないものです。スムーズに若返りを図りたいならば、クリニックでたるみ治療を受けることをお勧めします。数ある治療の中でも目の下のたるみに効くのが、こめかみリフトと呼ばれるものです。これは、たるんでいる皮膚や筋膜を切除して縫合する施術です。具体的な施術の方法は、耳のちょうど真上にある皮膚を切開していきます。そして、皮膚や筋膜を皮膚の内部から切除して、皮膚をきれいに引き上げて縫合するだけです。施術の際には部分麻酔をするので、痛みを感じずに治療を受けられます。また、髪で隠れる箇所を切開するので、術後は傷あとを隠すこともできます。老化に悩んでいる人にはお勧めです。

こめかみリフトは、目の下のたるみを解消できると人気を集めています。切開する部位は小さいので、腫れや痛みなどのダウンタイムも少ないです。しかし、施術後は患部を良好に保つためにいくつか注意事項があります。まず、術後の数日くらいは、施術で切開した部分が腫れるケースがあります。早くに腫れを治すには、目の下やその周りの皮膚をできるだけ冷やすことが大事です。絶対にやってはいけないことは、激しい運動、飲酒、熱い湯での入浴などです。このような行為は、体内の血行を良くするので目の下の腫れを助長します。だから、体をきれいにしたい場合は、シャワーを浴びると良いです。そして、自宅で静かに患部にダメージを与えないように過ごす必要があります。